大阪で助成金をキャリアアップに活用するなら社会保険労務士【大阪・京都助成金相談センター】

以下は、当サイトでよくご覧頂いているページへのリンクです。

両立支援等助成金(出生時両立支援コース)

助成金の概要

男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土づくりに取り組み、
男性労働者に一定の育児休業を利用させた場合に
1年度あたり最大72万円が助成されます!!

受給するための条件(概要)

  • 男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作りのため以下の取り組みを行っていること。
    ①男性労働者を対象とした、育児休業制度の利用を促進するための資料等の周知
    ②管理職による、子が出生した男性労働者への育児休業取得の勧奨
    ③男性労働者の育児休業取得についての管理職向けの研修の実施
  • 支給対象の男性労働者の育児休業開始前3年以内に、
    連続した14日以上(中小企業の場合は5日以上)の育児休業を取得した男性労働者がいないこと。

支給額

中小企業 大企業
取組の実施・
育児休業取得者1人目
57万円
(72万)
28.5万
(36万)
育児休業取得者
2人目以降
合計10人まで、
取得した育児休業期間に応じて助成されます。

(1年度あたり、1企業1人まで)
( )内は、生産性要件を満たした場合

アドバイス

  • 男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作りのための取り組みは
    平成28年4月1日以後に実施されている必要があります。
  • 男性労働者が取得する育児休業は、下記要件を満たしている必要があります。
    ①平成28年4月2日以後に取得していること
    ②連続した14日以上(中小企業の場合は5日以上)の休業であること
    ②育児休業の対象となる子が出生してから8週間以内に取得していること
  • 育児休業の制度および所定労働時間の短縮等の措置について、
    労働協約または就業規則に規定していなければなりません。
目的別の助成金はこちらをどうぞ

助成金の申請に関してはこちら