大阪で助成金をキャリアアップに活用するなら社会保険労務士【大阪・京都助成金相談センター】

以下は、当サイトでよくご覧頂いているページへのリンクです。

職場定着支援助成金(雇用管理制度助成コース)

助成金の概要

次のいずれかの制度を導入したとき、1制度につき10万円、離職率を一定以下に低下させたときは
さらに57万円が上乗せで支給され、(生産性要件を達成したときは、72万円)
最大122万円支給されます。

①評価・処遇制度
 例:評価・処遇制度の導入、昇進・昇格基準の導入、
  賃金体系制度の導入、諸手当制度の導入

②研修体系制度
 例:新入社員研修、5年目職員研修、管理職員研修、幹部職員研修
  新任担当者研修、マーケティング技能研修、特殊技能習得研修等

③健康づくり制度
 ・以下のいずれかに該当するもの
 (すでに恒常的に実施している場合は対象になりません)
 人間ドック・生活習慣病予防検診・腰痛健康診断・メンタルヘルス相談
 ・費用の半額以上を事業主が負担していること
④メンター制度
 ・会社や配属部署における直属上司とは別に、指導・相談役となる先輩(メンター)が
 後輩(メンティ)をサポートする制度

主な受給要件

(1)計画開始の6か月~1か月前までに計画届を作成し、都道府県労働局長から認定を受けた事業主であること。
(2)雇用管理制度の導入を労働協約又は就業規則に新たに定め、実際に通常の労働者に適用させること。また、労働者の適正な雇用管理に努めること。
※ 「通常の労働者」とは、正社員(期間の定めのない労働契約を締結し、直接雇用されるもの)を言います。
(3)過去に当該助成金を受給しており、再び同じ区分の雇用管理制度整備計画を提出しようとする場合、最後の受給決定日の翌日から3年が経過していること。

※この他、解雇を行っていないなど、雇用関係助成金共通の要件があります。
※目標達成助成を受給するためには、雇用管理制度の実施・離職率の低下要件等、別途要件があります。

目的別の助成金はこちらをどうぞ

助成金の申請に関してはこちら