大阪で助成金をキャリアアップに活用するなら社会保険労務士【大阪・京都助成金相談センター】

以下は、当サイトでよくご覧頂いているページへのリンクです。

キャリアアップ助成金(諸手当制度共通化コース)

助成金の概要

有期雇用者に正社員と共通の手当を設け、適用したとき38万円
(生産性要件を満たしたときは48万円)が支給されます。

主な受給要件

  • キャリアアップ期間中に、労働協約または就業規則の定めるところにより、その雇用する有期契約労働者等に関して、正規雇用労働者と共通の諸手当制度を新たに設けたこと。(対象となる諸手当は、役職手当、精皆勤手当、食事手当、地域手当、家族手当、住宅手当等)
  • (1)の諸手当制度に基づき、対象労働者に6ヶ月分の賃金を支給したこと。
  • 正規雇用労働者に係る諸手当制度を、新たに設ける有期契約労働者等の諸手当制度と同時またはそれ以前に導入していること。
  • 有期契約労働者等の諸手当の支給について、正規雇用労働者と同額又は同一の算定方法としていること。
  • 当該諸手当制度を6ヶ月以上運用していること。
  • 当該諸手当制度の適用を受けるすべての有期契約労働者等と正規雇用労働者について、適用前に比して基本給等を減額していないこと。
  • 対象となる有期契約労働者を、当該諸手当制度を適用した日の前日から起算して3ヶ月以上前の日から適用後6ヶ月以上の期間継続して雇用していること。
  • 対象となる有期契約労働者について、諸手当制度を適用した日以降の期間、雇用保険被保険者であること。
  • 対象となる有期契約労働者が、事業主または取締役の3親等以内の親族でないこと。
目的別の助成金はこちらをどうぞ

助成金の申請に関してはこちら